馬券をネットで買う方法【わかりやすく解説します】

初心者の方はこちら
スポンサーリンク

馬券をネットで買う方法を知りたい。

最近、競馬に興味を持ったけど馬券の買い方がわからない。

馬券購入時に便利なアプリやお得な買い方はないかな?

なんて考えていませんか?

今回の記事では、そんな疑問に答えていきます。

本記事の内容

1.馬券をネットで買う方法【3STEP】

2.馬券を買う時に知っておきたい知識

スポンサーリンク

馬券をネットで買う方法 

馬券といえば競馬場やWINS(場外馬券売り場)で購入するイメージがありますが、

最近ではパソコンやスマホでも買えます。

手軽で便利なので、現在はネットで馬券を買うのが主流です。

そこで必要になるのがJRA公式サイトの即パット。

今回は、即パットに登録する方法をわかりやすく解説していきます。

即パットに登録

即パットとは

  • JRA公式のネット投票サイト。
  • 中央競馬の馬券が買える唯一の投票サイト。
  • 馬券をネットで買う上で登録は必須。
  • その他にも一部、地方競馬、海外競馬も購入可能。

申し込みに当たっての【注意点】は2つ。

1.開催日の発売時間帯に申し込みをしてください。

  時間外だと、下の画像のように申し込みができません。

2.JRA指定の銀行があります。

  下の銀行口座を持っていればすぐに利用できます。

  ない場合は、指定銀行の口座を開設してください。

指定の口座が準備できたら、あとは流れに沿って登録するだけです。

登録の流れ

JRA公式サイトのトップページから、即パット新規登録をクリックします。

あとは以下の流れです。

  1. 約定確認
  2. 口座確認
  3. 口座振替登録
  4. 加入者登録
  5. 申し込み完了

申し込み完了時に発行される、加入者番号P-ARS番号INET-ID

登録時に決めた暗証番号を必ずメモ、保管する。

現金を即パットに入金する

まず、JRA公式サイトのスマホサイトに入り

即パットログインをクリックします。

申し込み完了時に発行される加入者番号P-ARS番号

自分で決めた暗証番号を入力してログインをクリックします。

ログイン後この画面にある入出金メニューをクリックします。

この画面で入金指示をクリックします。

入金金額の欄に入金する金額を打ち込み確認をクリックします。

暗証番号を入力して実行をクリックします。

終了をクリックすると最初の画面に戻ります。

購入限度額の所に入金額が反映されます。

以上が入金までの流れです。

馬券を購入する 

次は馬券購入の流れです。

色々な種類の馬券がありますが、

今回は単勝の馬券購入までの流れを解説していきます。

まず、この画面から通常投票をクリックします。

そうすると競馬場名を選ぶ画面に進みます。

今回は東京(土)をクリックします。

次は、レース選択です。

今回は、6Rの新馬戦を選択します。

次は馬券の種類を選ぶ式別に進みます。

今回は、単勝を選択して

12番のダノンギャラクシーをクリックします。

金額入力欄に購入する金額を打ち込み、

セットをクリックします。

金額に間違いがないのを確認して入力終了をクリックします。

合計金額の欄に同じ金額を打ち込み

投票をクリックすると最終確認画面に進みます。

OKをクリックして完了です。

トップメニューをクリックすると、最初の画面に戻ります。

以上が、馬券購入までの流れです。

覚えてしまえば簡単ですね。

地方競馬を買う時も手順は同じです。

もし地方競馬を買うなら、ポイントバックや、

お得なキャンペーンを実施している楽天競馬、オッズパークが

おすすめです。

ただ、ポイントを貰うために馬券を買うのは本末転倒です。

私は地方交流レース(JRAと地方競馬の交流レース)を

買う時に限定して利用しています。

楽天競馬

地方競馬のみ投票可能です。

登録料無料、新規登録で楽天ポイントがもらえたり、

馬券を買うと楽天ポイントがもらえたりします。

楽天銀行のみの対応なので楽天銀行をすでに持っているなら、

登録しておくと良いと思います。

オッズパーク

地方競馬(南関東以外)のほかに、競輪、オートレースにも投票できます。

こちらも、ポイント還元があります。

大手銀行は大体対応しているのでこちらもおすすめです。

スポンサーリンク

馬券を買う時に知っておきたい知識

競馬新聞の見方を覚えよう

競馬新聞の見方を覚えるとメリットがたくさんあります。

その中でも代表的なものは、下記の3つです。

  • 競馬用語に触れられて知識が増える。
  • 競馬の一通りの流れが把握できる。
  • 馬券を買うヒント(根拠)を見つけられるようになる。

馬を選ぶ上で、自分なりの基準を構築していくことが馬券上達の第一歩です。

新聞の見方

実際の新聞を一部抜粋して順に解説します。

競馬場とレース番号

今回は、中京の12レース

レース名

今回は、4歳以上1勝クラス

発走時刻

今回は、16時20分発走

コース条件

今回は、ダート1200m

好走枠、脚質

今回は、内枠と逃げが有利

レコード

同条件での歴代最高タイム

馬番・枠番

■が馬番、□が枠番 色は枠の色

馬名

  • 真ん中の太字が馬名
  • 右が父名
  • 左が母名 下の()は母の現役時代の勝利数
  • その下は母の父の名前

性齢

性別と年齢

脚質

上から、逃げ・先行・差し・追い込みの順

馬番・枠番

  • 1枠 白       【1番、2番】
  • 2枠 黒       【3番、4番】
  • 3枠 赤       【5番、6番】
  • 4枠 青       【7番、8番】
  • 5枠 黄       【9番、10番】
  • 6枠 緑       【11番、12番】
  • 7枠 橙(オレンジ)  【13番、14番、15番】
  • 8枠 桃(ピンク)   【16番、17番、18番】

頭数によって割り振りが変わります。

馬の年齢

大きく分けると下記のようになります。

  • 当歳(0歳)
  • 1歳
  • 2歳(デビュー年齢)
  • 3歳
  • 4歳以上(古馬)

性別

  • 牡馬  (オス馬)
  • 牝馬  (メス馬) 
  • セン馬 (去勢されたオス馬)

去勢される理由は激しすぎる気性を抑えるため。

脚質

大きく分けて4つあります。

  • 逃げ    スタートから先頭を走る。
  • 先行    逃げ馬の後ろにつけて走る。
  • 差し    先行馬の後ろにつけて直線で追い込む。
  • 追い込み  差し馬より後方に待機し直線で一気に追い込む。

他にも

大逃げ(2番手以下を大きくリードして走る)

まくり(道中、後方にいた馬が一気に順位を上げて先頭の馬に並びかける)

などがあります。

重量・騎手

重量 今回は54キロ(騎手体重込み)

騎手 騎手名前

厩舎

調教師の名前

生月日毛色賞金

誕生日、毛色、獲得した賞金

毛色

全部で8種類あります。

  • 鹿毛  (かげ)     赤褐色。
  • 黒鹿毛 (くろかげ)   黒みががった赤褐色。
  • 青鹿毛 (あおかげ)   全身ほぼ黒色。眼、鼻周辺が少しだけ褐色。
  • 青毛  (あおげ)    青鹿毛と違い、眼、鼻周辺も全て黒色。
  • 芦毛  (あしげ)    年齢が進むにつれて白色の度合いが強くなる毛色。
  • 栗毛  (くりげ)    黄褐色。明るい茶色。
  • 栃栗毛 (とちくりげ)  黒みがかった黄褐色。
  • 白毛  (しろげ)    全身の大半が白色で生まれるが、アルビノとは別種。

成績欄の見方

一番下が最新のレース結果です。

上に行くほど過去のレース結果になります。

開催場所と開催日

今回は、2開催目の小倉競馬場で、2月13日開催。

①日目の未勝利戦 1着

レース前の坂路調教 タイム56.2秒

今回のレース距離千二(1200m)と走破タイム1分8秒7

斤量54キロ、騎手鮫島駿 人気1番人気

18頭立ての馬番10での出走 馬体重436キロ

レースペースH(ハイペース) 

最後の③ハロン(600m)タイム35.4秒

コーナー通過順位 3コーナー1位、最終コーナー1位

3休 3か月の休養明け 2着馬の名前 00(2着との着差

これを見てわかることは、

小倉競馬場で行われた芝1200m3歳未勝利戦、馬番10番鞍上鮫島駿ジョッキー

3か月休み明けの1番人気ハイペースで逃げ、そのまま逃げ切り勝ちをした。

2着とのタイム差は00なので接戦だった。

こんなところでしょうか。

その他にも読み取れることはたくさんありますが、

とりあえずはこのくらいで十分です。

予想印

競馬新聞では◎、〇、▲と言った記号を使って評価の順位を付けて予想をしています。

印の意味を簡単にまとめてみました。

◎  本命 トップ評価   1番勝つ可能性が高いと思う   

〇  対抗 2番手評価   ◎に対抗できると思う

▲  単穴 3番手評価   ◎、〇にも勝てるかも

△  連下 それ以下     勝つのは難しいけど、2番、3番にはなれるかも 

★  穴馬 とっておき   人気ないけど、◎に勝てるかも

注  注意 もしかしたら  可能性は低いけど、もしかしたら3番にならなれるかも

こんな感じで印を付けていると思います。

以上の知識があれば、

一通り、競馬新聞を読むことができるでしょう。

このほかにも、レースに出る前の

稽古、練習、調整、能力強化、

いわゆる調教のタイムなどが乗っていますが

初心者のうちは専門家の評価に

目を通す程度でよいと思います。

なぜかというと、調教師の意図だったり、

馬の特性に合わせていたりと

タイムだけでは測れないものがたくさんあるからです。

最後に

このように、少しづつ新聞などで知識を蓄え

自分なりの予想の仕方を確立していくのが良いと思います。

そうすることにより、競馬が

もっと楽しめるようになるでしょう。

ぜひ、趣味の一つに競馬を加えてみてください。

今回の記事は以上です。

タイトルとURLをコピーしました