2022東京新聞杯 きさらぎ賞 予想

重賞予想
スポンサーリンク

今回は、東京競馬場で行われる東京新聞杯と、

京都競馬場の改装に伴って中京で行われるきさらぎ賞の

軸馬と穴馬を挙げていきたいと思います。

スポンサーリンク

東京新聞杯 予想

毎年、上位人気が安定せず穴馬の台頭が目立つレースです。

内枠の馬が好走する確率が高く、

上がり最速は届かない印象です。先行粘り込みが良さそう。

軸 ホウオウアマゾン

先行力があり直線粘り込むレース運びをするこの馬は、東京新聞杯のレース傾向に合いそう。

外枠を引いてしまったのは痛いですが、番手でも問題ないと見ました。

次に、穴馬として内枠から2頭挙げたいと思います。

ディアンドル

ヴィクトリアマイル4着の実績がありますし、

内枠を活かして積極策に出れば面白いのではないでしょうか?

アオイクレアトール

この馬は東京コースをメインに走っており、東京巧者と言ってよいと思います。

条件戦~リステッド競争までですが、3着以内を外していません。

人気も手頃ですし、ヒモにいれたい馬です。

東京新聞杯の軸馬と穴馬は以上です。

スポンサーリンク

きさらぎ賞 予想

通常は京都で行われるきさらぎ賞。

京都開催のきさらぎ賞はレース傾向がはっきりしているのですが、

今年は中京ということで、予想が難しそうです。

軸 アスクワイルドモア

前走のホープフルSの大敗以外は、安定した成績でした。

前走の敗因も、休み明け、落鉄とはっきりしています。

叩き2戦目の今回なら、本来の力を発揮できるのではないでしょうか。

次に穴馬を2頭挙げたいと思います。

メイショウゲキリン

前々走の黄菊賞、前走の梅花賞と走ってきたメンバーが強力です。

成績が地味なのかあまり人気にならなさそうですですね。

大外枠ですが思い切った競馬をしてくるかもしれません。

逃げ残りに期待したいです。

シェルビーズアイ

前走ホープフルSでは8着に敗れましたが、悪い内容ではありませんでしたし、

中京の新馬戦を見てみると中山より中京の方が適正が高いように見えました。

同じ舞台で、一発のチャンスはあると見ています。

きさらぎ賞の軸馬と穴馬は以上です。

タイトルとURLをコピーしました