2020.9.5 新潟記念 

今回は新潟記念の予想をポイント3点に絞って考察していきます。

まず1つ目

負担重量

52キロ以下  【1-0-0-14】

53キロ    【0-0-2-19】

54キロ    【1-2-1-28】

55キロ    【3-0-3-21】

56キロ    【3-5-0-21】

57キロ    【1-2-4-15】

57.5キロ以上【1-1-0-14】

メインで好走しているのは55~57キロです。

この斤量に当てはまるのが

55キロ

・アイスバブル

・ウインガナドル

・サトノガーネット

・ピースワンパラディ

56キロ

・アールスター

・アイスストーム

・インビジブルレイズ

・サトノクロニクル

・ジナンボー

・ブラヴァス

・メートルダール

次に

重賞勝利の有無

あり  【8-4-4-49】

なし  【2-6-6-83】

過去10年重賞勝利経験のある馬が8頭勝利しています。

そこで、その8頭の新潟記念での人気を見てみようと思います。

1人気   【2-1-0-3】

2人気   【1-0-0-2】

3人気   【0-0-2-3】

4人気   【0-0-0-4】

5人気   【1-0-0-3】

6~9人気 【3-3-2-7】

10人気以下【1-0-0-27】

6人気以下から4頭勝ち馬がでています。

そして、2着も3頭、3着2頭と約47%の確率で複勝圏に好走しています。

今回はこの辺りがキーポイントになりそうです。

そして今回出走する中でこちらに当てはまるのが、

・アールスター

・カデナ

・サトノガーネット

・サトノクロニクル

・メートルダール

の5頭です。

全項目クリア

・アールスター

・サトノガーネット

の2頭です。

奇しくも小倉記念の1着2着馬が残りました。

最後に候補2頭の不安材料をあげておきます。

アールスター

・前走斤量53キロからプラス3キロの56キロになること。

・小倉記念と新潟記念のレース間隔。例年は中3週だが今年は中2週と間隔が詰まっている。

サトノガーネット

・斤量55キロ、前走から据え置き、牝馬としては見込まれた。

・アールスター同様、今年の小倉記念からのレース間隔。

不安材料が結果に出てしまったとき浮上しそうなのが

カデナ

です。

トップハンデの58キロときつい斤量ですが格と実績が抜けています。

本命はアールスター

対抗にサトノガーネット

3番手にカデナ

を推奨しておきます。

人気ブログランキング、FCブログランキング、最強ブログランキングに、小倉2歳Sの予想を掲載しています。

そちらもご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました