2020.8.15 関屋記念

今回は関屋記念の予想をしていきたいと思います。

3つのポイントに絞り、単勝人気、枠順、血統と順番に考察していきます。

まずは、

単勝人気

ここ10年、複勝圏内に好走した馬は9番人気以内で、なおかつ単勝人気30倍以内の馬が

ほとんどです。

2010年に1度だけ10番人気の馬が3着に入ったのみです。

あまり大穴人気の台頭は期待できないかもしれません。

理由として挙げられるのは、新潟1600mは外回りで最後の直線も長く比較的、実力を

発揮しやすいコースだということが挙げられます。

今年の予想オッズです。

1人気 プリモシーン   3.0

2人気 グルーヴィット  5.7

3人気 クリノガウディー 5.9

4人気 サトノアーサー  6.3

5人気 アンドラステ   6.4

6人気 エントシャイデン 13.2

7人気 アストラエンブレム14.7

8人気 トロワゼトワル  16.6

9人気 ミッキーブリランテ25.2

ここまでが圏内になりそうです。

次に、

枠順別成績

1枠 【1-0-1-15】

2枠 【1-1-1-15】

3枠 【0-0-2-16】

4枠 【0-2-1-15】

5枠 【0-1-3-16】

6枠 【0-2-0-18】

7枠 【5-1-1-17】

8枠 【3-3-1-18】

見ていただくとわかる通り、外枠、、7枠8枠に良績が集中しています。

過去10年、7枠8枠から8頭勝ち馬がでており、外枠を引いた人気馬は好走率が高いと思います。

今回、

7枠8枠に入った9人気以内の馬は

8枠16番 グルーヴィット

8枠17番 サトノアーサー

8枠18番 トロワゼトワル

の3頭。

この中から軸馬を選ぶのが良さそうです。

3つ目に、

血統

最近の傾向では、ディープインパクト産駒が強く、今回も注目です。

その他には、コンスタントに好走馬を出しているハーツクライ産駒とステイゴールド産駒です。

そしてもう1つ、

この3つの種牡馬以外に注目なのがロードカナロア産駒です。

関屋記念での実績はありませんが、条件戦などのレースを含めると、ディープインパクト産駒に迫る

成績をあげています。

9番人気以内での該当馬は、

ディープインパクト産駒

プリモシーン

サトノアーサー

エントシャイデン

ロードカナロア産駒

グルーヴィット

トロワゼトワル

の5頭です。

以上3点を踏まえての

本命 グルーヴィット

全項目クリアが3頭いましたが、その中でもグルーヴィットを最上位にとりました。

理由としては2点。

・左回りに良績が集中している。

・昨年の中京記念で、今回上位人気が予想される、プリモシーン、クリノガウディーを

破って優勝している点を高く評価しました。

相手には2頭、あげたいと思います。

まずは、

トロワゼトワル

今回は、単騎逃げができそう。

ハマればしぶとそうなので、逃げ残りもありそうです。

もう1頭は、

エントシャイデン

前走、阪神で行われた中京記念では、馬場の良い外に出せていれば1着もあったのではないかと

いう点と、新潟コースに替わってさらに良さそうと思い候補にあげました。

最後に、

買い目

グルーヴィット 複勝

グルーヴィットからワイド

エントシャイデン

トロワゼトワル

としました。

小倉記念の予想もアップしているので良ければそちらもご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました