2020.8.2 クイーンS

今回は、クイーンSの予想ポイント3つについて書いていきます。

まずは、前走について。

ヴィクトリアマイル、マーメイドS、オークス、福島牝馬S、からの好走が多く、特に

ヴィクトリアマイル、マーメイドSからの馬が好走しています。

次に上位人気の馬の成績ですが、ここ10年1,2番人気の馬どちらかが、または両方が好走しています。

軸は、上位人気から選ぶのが良さそうです。

3つ目は、今年の出走はありませんが3歳馬の勝率が高くなっています。

その要因としては、3歳馬は51キロで出走できることだと思われます。

来年以降、出走馬がいれば注目です。

以上が、クイーンSを予想する上での大まかなポイントです。

補足としては、ミスタープロスペクター系の馬、1800mに好走歴のある馬が穴をあけています。

個人的には、東京と札幌の1800mの好走歴がある馬を狙いたいと思っています。

以上を踏まえたうえでクイーンSの予想をしていきます。

◎ スカーレットカラー

○ リープフラウミルヒ

▲ ビーチサンバ

★ フェアリーポルカ

△ タガノアスワド

△ コントラチェック

△ ナルハヤ

本命は、スカーレットカラーで行きたいと思います。

前走、ヴィクトリアマイル、昨年のクイーンS2着、東京1800m勝ちというところで本命にしました。

対抗は、前走マーメイドS、札幌巧者、1800mの好走もある、 

リープフラウミルヒ。

三番手にはビーチサンバ、ヴィクトリアマイル最先着馬で、1800mも良さそうです。

フェアリーポルカは、重賞連勝中で勢いがありますが、初の56キロということで、

少し評価をおとして4番手としました。

次点にタガノアスワド。

全5勝中3勝が1800mということで、3着までならチャンスがありそうです。

同型が多く苦しい展開が予想されるコントラチェック、マーメイドS4着のナルハヤという順番で評価しました。

タイトルとURLをコピーしました