2020.7.18 函館2歳S

2歳重賞の開幕レースとなる函館2歳S。

デビュー間もない若駒たちのレースとあって、毎年レースの展開が読みづらくなっています。

ただ、勝ち馬は大体1人気~4人気の間で出ており軸は、上位人気から選ぶのが良さそうです。

◎ モンファボリ

○ ホーキーポーキー

▲ ラヴケリー

★ カイザーノヴァ

△ フォルセティ

△ ルーチェドーロ

△ リンゴアメ

本命は、モンファボリ。前走のレースぶりが圧巻でした。

今回の枠は大外枠で揉まれることはなく力を発揮できそうということで一番手にあげました。

ただ、馬体重が、410キロ代と軽量というところが少し気がかりです。

対抗は、ホーキーポーキー。

新馬戦ではモンファボリに敗れましたが、次走の未勝利を好スタートから逃げ切りました。

今回、2枠2番をひいたので、前走同様の逃げ粘りを期待して二番手評価としました。

三番手評価にラヴケリー。

続いて前走展開が向いたとはいえ、なかなかインパクトのあるレースぶりだったカイザーノヴァ。

あの矢作厩舎の連闘というのも気になります。

どうしてもここに間に合わせたくて前走多少強引でも勝ちにいったのかもしれません。

あとは、新馬戦で控える競馬の経験があるフォルセティ、ダートですが、新馬戦をレコードで圧勝したルーチェドーロ、前走不利で道中下げたものの、しっかり差し切ったリンゴアメという順番に評価しました。

人気ブログランキング、FCブログランキング、最強ブログランキングに、7月18日(土)の軸馬を掲載しています。

明日は、中京記念と函館記念の予想を掲載予定です。

タイトルとURLをコピーしました