2020.7.2 CBC賞 枠順発表前予想

2020年秋の京都競馬場改修により、7月の中京開催は、阪神開催へ振替になりました。

ちなみに、前回CBC賞が阪神で行われたのは2011年です。

ですので、通常行われる中京開催のCBC賞とは、予想の仕方が変わってきます。

今年のCBC賞は、阪神芝1200m内回りで行われます。

阪神芝1200mのざっくりとした傾向

① 血統

アドマイヤムーン

サクラバクシンオー

ロードカナロア

ダイワメジャー

などの産駒が好成績をあげています。

特にサンデー系×ミスプロ系の相性がよさそうです。

② 枠順

内枠、特に2枠の成績が良いようです。

あまり揉まれずに内をロスなく回れるからかもしれません。

③ 展開

内回りなので、やはり逃げ先行馬有利です。

ゴール前には坂があるのである程度押し切れるパワーも求められます。

上記を踏まえた上での前予想

サンデー系×ミスプロ系で、阪神重実績もあり、逃げ馬の

グランドロワ

あとは、重馬場適性のありそうな

クリノガウディーとタイセイアベニール

明日はラジオNIKKEI賞、CBC賞の枠順確定後予想をしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました