2020.7.1 ラジオNIKKEI賞 枠順発表前予想

7月1日23時30分時点での福島競馬周辺の天気は、土曜日まで雨が続くと予報されています。

先行馬が有利ですが、その中でも重馬場を苦にせず、ロスなく回ってこられる馬が活躍しそうです。

ラジオNIKKEI賞のざっくりとした傾向

① 血統

  過去10年の勝ち馬は全てサンデー系を父に持つ馬が勝利しています。

  母父にはミスタープロスペクター系やロベルト系が好相性です。

  意外なことに同条件はディープインパクト産駒の好走率が高いです。

② 枠順

  1枠  【1-1-1-14】 複勝率 17.6%

2枠  【2-3-3-9】 複勝率 47.1 %

3枠  【1-1-2-14】 複勝率 22.2%

   4枠 【0-1-0-18】 複勝率 5.3%

5枠 【1-2-1-15】 複勝率 21.1%

6枠 【2-2-0-15】 複勝率 21.1%

7枠 【2-0-1-17】 複勝率 15.0%

8枠  【1-0-2-16】 複勝率 15.8%

 2枠が複勝率47.1%と圧倒的に高く、4枠が5.3%と最低となっています。

2枠に入った人気馬は抑えたほうが良いかも知れません。

③ 前走

   白百合S、プリンシパルS、NHKマイル組が好走しています。

  500万下からの好走も多く、注意が必要です。

④ 展開

  スローペースになりやすく、先行馬が毎年、好走しています。

以上を踏まえたうえでの前予想

 父サンデー系、母父ロベルト系の

 サクラトゥジュール

 重馬場適性がありそうな

 バビット

 ルリアン

 そして、コンスタントに好走馬を送り出しているマイネル軍団

 コスモインぺリウム

 を現時点でピックアップしたいと思います。

 

明日は、CBC賞の枠順発表前予想をしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました