2020.6.28 宝塚記念 レース回顧

クロノジェネシス

レース直前にまとまった雨が降り、クロノジェネシスにとっては、正に恵みの雨になりました。

しかし、重は苦にしないタイプだとは思いましたが、ここまでの走りを見せることは想像できませんでした。

向こう正面で多少、行きたがっていたようにも見えましたが、北村ジョッキーがうまく脚をためられましたね。

これも勝因の一つだと思います。

ラッキーライラック

さて、対抗に推していたラッキーライラックは、6着という結果でした。

ここまで差がついてしまった1つの原因は、やはり重馬場だと思います。

オルフェーヴル産駒ということで多少馬場が悪くてもこなしてくれるという予想から

対抗に推しましたが、大分走りづらそうにしていました。

今後、馬場が渋った際には少し評価を落とす必要があるかもしれません。

サートゥルナーリア

サートゥルナーリアも馬場が渋ったときにはパフォーマンスを落とすようです。

それでも最終コーナーで外に持ち出すと、やはり地力の違いか4着まで追い込んできました。

ただ、やはり使える脚は一瞬で、長くいい脚を使うタイプではないと思います。

今後一線級とのレースでは、勝ち切るには色々と注文が付きそうです。

モズベッロ

3強崩しの候補としてあげたモズベッロ。

前走、天皇賞春の敗戦で、大きく人気を落としていましたね。

少し距離が長かったのでしょうか。

2400m前後の距離がよさそうですね。

重馬場の適正もあり、3着にくいこみました。

こういうタイプは、暮れにもう一発あるかもしれませんね。

キセキ

今回この馬の激走を拾えなかったのが最大の反省点です。

まず、稀に見る不良馬場だった菊花賞の勝ち馬だということ。

二つ目に、今年の天皇賞春で、本命にしていたこと。

天皇賞春、本命の理由の武豊ジョッキーが続投の時点で注目するべきでした。

 今回のことは、次回に活かせるようにしっかり覚えておきたいと思います。

次回は夏競馬についてざっくりとした考察をしていきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました